連帯債務とは

「連帯債務」とは、一つの債務に対して、それぞれが同じ額の債務を負うものです。

例えば、借入額3,000万円なら、主債務者である夫はもちろん、連帯債務者である妻も同額の3,000万円の債務を負う事になります。

また、「ペアローン」は夫婦それぞれ債務額が分かれ、夫2,000万円・妻1,000万円と言うように債務が分かれます。

「連帯保証」は、夫が支払いをできなくなった場合、連帯保証人である妻にも支払いの義務が発生するというもの。

連帯債務になると、夫婦それぞれが不動産の持分を持つ事になる為、離婚した時に双方に借金が残ってしまい、後々もめる原因になる事が多いです。

離婚を前提として住宅ローンを検討する事は先ず無いと思いますが、もしもの時には上記のような問題が発生する可能性があることを覚えておいて下さい。

カテゴリー: 住宅ローン関連, 有益情報, 税務関連   パーマリンク

コメントは受け付けていません。